2011年05月20日

<東日本大震災>白鵬らが来月、被災地を慰問へ 

 日本相撲協会は20日、技量審査場所後に計画していた、力士による東日本大震災の被災地慰問の日程を発表した。慰問は6月4〜8日の5日間で、岩手県から南下し東北3県の計10カ所の避難所を訪れる。白鵬や大関陣など幕内上位の計20人が参加する。慰問先ではちゃんこ鍋の炊き出しや横綱土俵入りを行う。日程は次の通り。

 4日=岩手県山田町、大槌町▽5日=大船渡市、陸前高田市▽6日=宮城県気仙沼市、南三陸町▽7日=女川町、仙台市宮城野区▽8日=山元町、福島県新地町


※スポーツ最新情報はここから


ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
2つの筋トレ…効果が同じなら、
あなたは、どちらの筋トレがいいですか?
【よくある筋トレ】
・腕たて20回×2セット
・腹筋20回×2セット
・スクワット20回×2セット
【15秒でできる筋トレ】
・腕たて15秒
・腹筋15秒
・スクワット15秒
15秒でできる筋トレとは、
筋肉にもっとも効くポイントで15秒静止するメソッド。
すでに2488名が成功されていて、
『15秒筋トレ』という愛称で親しまれています。
では、なぜ15秒で効果があるのか?
これはもともと、アメリカのジョンリトルが考案した方法を、より簡単にトレーナーの山本けんじさんが再開発したものです。
1回、2回、3回、、、と回数をこなす「よくある筋トレ」は、もっとも効く時間が単発になりがち。
一方で、「15秒筋トレ」は、15秒間 ”ずっと効いている”状態が続きます。
6月6日まで限定公開されていますので、
夏までにメタボを消したい方は覗いてみてください。
http://www.infocart.jp/e/39832/134120/

※【15秒筋トレ】自宅でお金をかけない肉体改造!

※メヂカラアップのための60日間トレーニングプログラム ウルトラアイ

※短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”

posted by suzy79 at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

F1マシン、元町をデモ走行へ=震災支援、公道で日本初―レッドブル

 清涼飲料水メーカーのレッドブル・ジャパンは12日、東日本大震災の復興支援を目的に、自動車F1シリーズの同社チームのマシンが6月5日、横浜市中区の「元町ショッピングストリート」でデモ走行を行うと発表した。日本ではこれまで公園内などで同走行が行われたことはあるが、F1マシンが公道を走るのは国内で初めてという。 


※スポーツ最新情報はここから


ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
2つの筋トレ…効果が同じなら、
あなたは、どちらの筋トレがいいですか?
【よくある筋トレ】
・腕たて20回×2セット
・腹筋20回×2セット
・スクワット20回×2セット
【15秒でできる筋トレ】
・腕たて15秒
・腹筋15秒
・スクワット15秒
15秒でできる筋トレとは、
筋肉にもっとも効くポイントで15秒静止するメソッド。
すでに2488名が成功されていて、
『15秒筋トレ』という愛称で親しまれています。
では、なぜ15秒で効果があるのか?
これはもともと、アメリカのジョンリトルが考案した方法を、より簡単にトレーナーの山本けんじさんが再開発したものです。
1回、2回、3回、、、と回数をこなす「よくある筋トレ」は、もっとも効く時間が単発になりがち。
一方で、「15秒筋トレ」は、15秒間 ”ずっと効いている”状態が続きます。
6月6日まで限定公開されていますので、
夏までにメタボを消したい方は覗いてみてください。
http://www.infocart.jp/e/39832/134120/

※【15秒筋トレ】自宅でお金をかけない肉体改造!

※メヂカラアップのための60日間トレーニングプログラム ウルトラアイ

※短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”

posted by suzy79 at 19:28| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米選手権やっぱり辞退へ 組織委「非常に難しい」

 日本代表が7月の南米選手権(アルゼンチン)を辞退することが極めて濃厚となった。アルゼンチンの複数のメディアによると大会組織委員会のメイスネル会長が10日、「日本はチーム編成のためできる限りのことをしているが非常に難しい」と選手の招集に難航していることを示唆。9日に日本側と連絡を取った同会長は、今週中に参加するか否かを回答すると説明を受けたことも明かした。

 日本サッカー協会は南米選手権に参加するために海外組15選手の招集を条件とし、原博実技術委員長が渡欧して各クラブと交渉していた。だが、強化担当者が直接交渉に応じないクラブもあり、交渉は完全な不調に終わっていた。日本協会の小倉純二会長は「(海外組を6月の)キリン杯で使ったり、南米選手権で使ったりと、いろいろ(案が)出てる。原に整理してもらうしかない」と原委員長の交渉手腕に期待したが、15人全員の招集が不可能なのは明らか。メイスネル会長が交渉難航を口にしたことに関しても、小倉会長は「組織委員会も(各クラブに)レターを出している。(断りの)返事が来たのかもしれない」と否定しなかった。

 米FOXスポーツも10日の電子版で、日本の不出場が決定し、13日に正式発表する見通しであることや、コスタリカが代替出場することなどを報じた。小倉会長は「(選手を派遣)できないと言われたら、どうしようもない。まあ、待ちなさいよ」と今週中の発表は否定したが、このままいけば来週中にも日本の不参加が正式に決まることになりそうだ。


※スポーツ最新情報はここから


ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
2つの筋トレ…効果が同じなら、
あなたは、どちらの筋トレがいいですか?
【よくある筋トレ】
・腕たて20回×2セット
・腹筋20回×2セット
・スクワット20回×2セット
【15秒でできる筋トレ】
・腕たて15秒
・腹筋15秒
・スクワット15秒
15秒でできる筋トレとは、
筋肉にもっとも効くポイントで15秒静止するメソッド。
すでに2488名が成功されていて、
『15秒筋トレ』という愛称で親しまれています。
では、なぜ15秒で効果があるのか?
これはもともと、アメリカのジョンリトルが考案した方法を、より簡単にトレーナーの山本けんじさんが再開発したものです。
1回、2回、3回、、、と回数をこなす「よくある筋トレ」は、もっとも効く時間が単発になりがち。
一方で、「15秒筋トレ」は、15秒間 ”ずっと効いている”状態が続きます。
6月6日まで限定公開されていますので、
夏までにメタボを消したい方は覗いてみてください。
http://www.infocart.jp/e/39832/134120/

※【15秒筋トレ】自宅でお金をかけない肉体改造!

※メヂカラアップのための60日間トレーニングプログラム ウルトラアイ

※短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”

posted by suzy79 at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。